相続で取得した不動産を売却したときの税金

遺産相続の方法には、全ての資産と負債を相続する「単純相続」と、負債の範囲内で資産を相続する「限定相続」とがあります。このどちらの方法で財産を取得したかによって、その後の売却時の課税関係が異なります。 単純承認で不動産を遺産相続で取得した場合 取得日・取得価額は、被相続人が、当該資産を取得した日、取得 ...続きを見る

事業承継ローンで資金調達

事業承継にあたって、資金の問題は大きな課題です。 後継者が自社株式を買い集めるためにも大きな資金が必要です。また、遺産分割を考えても、後継者に自社株式と事業用資産を相続させると、他の相続人の遺留分を侵害してしまうという問題も生じます。さらに、相続税の納税資金の確保という観点からも、資金手当が必要にな ...続きを見る

遺言書で自分の思い通りに相続させる!

民法という法律には,亡くなった人(被相続人)の財産を分けるためのルールが書いてあります。しかし,亡くなった人の財産は,その人の物です。財産の処分に関する,その人の遺志は尊重されて良いはずです。その人が,財産処分に関する自分の遺志を表明していなかった場合にのみ,目安として補充的に適用されるルールが法定 ...続きを見る

法定相続では何が定められているのか?

どんなに健康な人でも,死なない人はいません。どんなに大切な物でも,死んでしまえば,その人には不要です。 民法という法律には,亡くなってしまった人(被相続人)の所有物を,その人の近親者たち(相続人)が分けるときの目安・ルール(相続分)が書いてあります。民法で定められている相続分を法定相続分といいます。 ...続きを見る

遺留分でモメル相続

相続人には,民法によって,遺言書によっても奪うことのできない最低限の持分が保障されています。これを,遺留分といいます。 遺留分を侵害する遺言書は,無効ではありません。民法は,遺留分を侵害する遺言書は,侵害する範囲内においてのみ,その遺言の効力を認めないという考え方を採っています。 つまり,遺留分を侵 ...続きを見る