借りた金は返すな!は脱税なのか?

借りた金は返すな!という人気書籍の著者が脱税指南で逮捕されたようです。 中小企業の事業再生がなぜ脱税という違法行為につながってしまったのでしょうか? 過剰債務に苦しむ中小企業経営者は、毎月の従業員給与の支払い、業者支払、諸経費の支払と苦しい資金繰りに悩まされています。その中で、金融機関への信用という ...続きを見る

モラトリアム法は誰を救うのか?

景気低迷で中小企業の資金繰りが苦しい中、亀井金融相が打ち上げた中小企業等金融円滑化法が施行されました。 返済猶予法(モラトリアム法)は、中小企業の経営者や住宅ローンの借り手から返済の一時猶予や金利引き下げなどの相談があった場合、柔軟に応じるよう銀行に促す法律です。 これらは、以下の3本柱から成り立っ ...続きを見る

DPOは過剰債務の中小企業を救えるか?!

ディスカウント・ペイオフ(DPO)とは、金融機関が持っている貸付金を、サービサーやファンドなどに元金よりも低い金額で売却してもらい、この買い取りを行ったサービサー等に一定の和解金を支払うことで、残った債権を放棄してもらう方法です。 中小企業の債務免除の方法として注目すべき方法です。過剰債務で悩む中小 ...続きを見る