さぶろく? 三六協定とは?

「三六(サブロク)協定」とは、労働基準法第36条に基づく協定のことです。第36条なのでこう呼ばれています。 社員を採用するときに、労働契約書や労働条件通知書の中に「残業・休日出勤あり」と書いている会社が多いと思いますが、労働契約書や労働条件通知書に書いているだけで残業や休日出勤をさせることは違法です ...続きを見る

雇い止めに関するトラブルは予防できるのか?

昨今、パートタイムや契約社員という勤務形態の従業員がいる企 業が増えてきていますが、このような方々を「正社員ではないから 退職してもらうのは簡単だ。」と考えている企業の担当者は少なく ないと思います。 パートタイムや契約社員は、いわゆる有期労働契約で雇われている 労働者です。有期労働契約は、契約期間 ...続きを見る

人事労務トラブル 最新事情

人事労務関連のトラブルや紛争というと、経営陣と労働組合の集団 抗争が主であったのが、遥か昔のことのように感じられます。 昨今では、個人が労働基準監督署の相談窓口などを通して、経営者 に対する不満や社内処理の不備を訴えることが日常茶飯の事となっ てきております。 不当解雇問題や評価に対する不満、残業代 ...続きを見る

労働基準法が変わる

2011年4月1日より労働基準法の一部改正法が施行されます。 長時間労働を抑制し、労働者の健康確保や仕事と生活の調和を図る ことを目的に掲げていることでも明確ですが、時間外労働や有給休 暇についての改正項目が主な改正点のポイントとなっておりますた め、多くの企業では就業規則や業務フローの見直しが急務 ...続きを見る