遺留分でモメル相続

相続人には,民法によって,遺言書によっても奪うことのできない最低限の持分が保障されています。これを,遺留分といいます。
遺留分を侵害する遺言書は,無効ではありません。民法は,遺留分を侵害する遺言書は,侵害する範囲内においてのみ,その遺言の効力を認めないという考え方を採っています。
つまり,遺留分を侵害する遺言書も,侵害しない範囲においては有効なのです。
このように定めることによって,民法では,自分の財産を,自分の死後,自分の希望する人に渡したいという被相続人の意思と,残された近親者(妻,子など)の生活保障という両方の要請のバランスを取ろうとしているのです。
さて,民法が定めている遺留分のルールは以下のとおりです。
【ルール①】 遺留分は,原則として,総財産の1/2です。
【ルール②】 ただし,相続人が直系尊属だけのときは,1/3になります。
【ルール③】 兄弟姉妹は,遺留分がありません。
相続人には,民法によって,遺言書によっても奪うことのできない最低限の持分が保障されています。これを,遺留分といいます。
遺留分を侵害する遺言書は,無効ではありません。民法は,遺留分を侵害する遺言書は,侵害する範囲内においてのみ,その遺言の効力を認めないという考え方を採っています。
つまり,遺留分を侵害する遺言書も,侵害しない範囲においては有効なのです。
このように定めることによって,民法では,自分の財産を,自分の死後,自分の希望する人に渡したいという被相続人の意思と,残された近親者(妻,子など)の生活保障という両方の要請のバランスを取ろうとしているのです。
さて,民法が定めている遺留分のルールは以下のとおりです。
【ルール①】 遺留分は,原則として,総財産の1/2です。
【ルール②】 ただし,相続人が直系尊属だけのときは,1/3になります。
【ルール③】 兄弟姉妹は,遺留分がありません。

タグ:

, , ,

この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 3.00 / 5)
Loading ... Loading ...

弁護士 斎藤 和将

略歴: 「ふじ法律事務所」所長弁護士(東京弁護士会所属) 昭和52年2月6日生まれ。 平成14年司法試験合格。平成16年10月弁護士登録。 しばらく都内の法律事務所で勤務した後、平成19年8月にふじ法律事務所を開設 (東京都多摩市)。自分が学生時代を過ごした多摩地区で法律事務所を開設し、現 在、地域の方が日々抱えている悩みを親身になって解決できるような法律事務所を目 指して活動中です。 ふじ法律事務所 弁護士 斎藤和将 〒206-0041 東京都多摩市愛宕4-22-20 センターヒルズBLD302 TEL:042-371-2921 FAX:042-371-2922