モラトリアム法は誰を救うのか?

景気低迷で中小企業の資金繰りが苦しい中、亀井金融相が打ち上げた中小企業等金融円滑化法が施行されました。
返済猶予法(モラトリアム法)は、中小企業の経営者や住宅ローンの借り手から返済の一時猶予や金利引き下げなどの相談があった場合、柔軟に応じるよう銀行に促す法律です。
これらは、以下の3本柱から成り立っています。
①金融機関に対し中小企業向け融資の返済条件変更や借り換えへ努力を求める
②借り手が破綻した場合、銀行の貸し倒れの40%を公的に保証する
③実施状況を金融庁に報告させ、その結果を公表する
モラトリアム法は、金融機関が強制的に借金返済を猶予する当初の構想から離れ、貸し付け条件変更の申し出に金融機関が可能な限り応じる「努力規定」に近い内容になってしまっています。
返済猶予の交渉は、このような法律ができる前から、個別に中小企業と銀行で行われています。毎月の返済額を減額したり、元金返済を据置いたりという交渉を経て返済条件の変更しています。
その中で、金融庁への報告義務や銀行の貸倒の40%を保証協会が保証するということで、銀行は返済猶予に応じやすくなっているとも考えられますが、多くの中小企業は銀行のプロパー融資で借入をしているのではなく、保証協会の保証付きでの借入が既に多いのが実情です。
プロパー融資の返済猶予をすることで40%は保証協会の保証で担保されるというのは、中小企業を救うというより金融機関を救うためのモラトリアム?という仕組みでしょうか。
多くの中小企業は、取引先への支払よりも銀行への借金返済を優先して、銀行への信用を壊さないことに注力しすぎて、取引先との関係が悪化してしまうケースも多いようです。
この法案をきっかけとして、金融機関への支払業件を会社の現状にあわせるように一度考えてみるのは良いのではないでしょうか?

景気低迷で中小企業の資金繰りが苦しい中、亀井金融相が打ち上げた中小企業等金融円滑化法が施行されました。

返済猶予法(モラトリアム法)は、中小企業の経営者や住宅ローンの借り手から返済の一時猶予や金利引き下げなどの相談があった場合、柔軟に応じるよう銀行に促す法律です。

これらは、以下の3本柱から成り立っています。

①金融機関に対し中小企業向け融資の返済条件変更や借り換えへ努力を求める

②借り手が破綻した場合、銀行の貸し倒れの40%を公的に保証する

③実施状況を金融庁に報告させ、その結果を公表する

モラトリアム法は、金融機関が強制的に借金返済を猶予する当初の構想から離れ、貸し付け条件変更の申し出に金融機関が可能な限り応じる「努力規定」に近い内容になってしまっています。

返済猶予の交渉は、このような法律ができる前から、個別に中小企業と銀行で行われています。毎月の返済額を減額したり、元金返済を据置いたりという交渉を経て返済条件の変更しています。

その中で、金融庁への報告義務や銀行の貸倒の40%を保証協会が保証するということで、銀行は返済猶予に応じやすくなっているとも考えられますが、多くの中小企業は銀行のプロパー融資で借入をしているのではなく、保証協会の保証付きでの借入が既に多いのが実情です。

プロパー融資の返済猶予をすることで40%は保証協会の保証で担保されるというのは、中小企業を救うというより金融機関を救うためのモラトリアム?という仕組みでしょうか。

多くの中小企業は、取引先への支払よりも銀行への借金返済を優先して、銀行への信用を壊さないことに注力しすぎて、取引先との関係が悪化してしまうケースも多いようです。

この法案をきっかけとして、金融機関への支払業件を会社の現状にあわせるように一度考えてみるのは良いのではないでしょうか?


この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (5 投票, 平均値/最大値: 4.60 / 5)
Loading ... Loading ...

公認会計士 舟生 俊博

略歴: フューチャースケープアカウンティングファーム 代表 公認会計士・税理士 平成5年公認会計士2次試験合格。平成9年公認会計士登録。 東京理科大学・工学部卒業後、監査法人勤務後、平成12年1月横浜にて独立開業。ベンチャー支援、創業支援を行うなかで数百社の事業計画作成にかかわる。投資家とベンチャー企業とのマッチング等を行うイベントを主催するとともに横浜市の各種委員としてベンチャー支援を行う。また東証1部上場企業の監査役就任など、企業経営に参画する形での企業の成長支援を行う。平成20年、事務所を東京都港区に移転しフューチャースケープアカウンティングファーム設立に参画、共同代表に就任。 ◆会計力で未来を描く FSAF Futurescape Accounting Firm 会計・税務・財務アドバイザリーサービス 税理士法人フューチャースケープ 公認会計士事務所フューチャースケープ 株式会社フューチャースケープパートナーズ 〒108-0074 東京都港区高輪4-9-18 TEL03-5423-0668 FAX03-5475-3546 http://www.futurescape.co.jp