敵なのか?それとも味方なのか?? サービサーとはナニモノか?

サービサー(債権回収会社)は、債権の管理回収を請け負う専門的な会社です。

日本におけるサービサーは1999年金融機関が抱える膨大な不良債権を迅速に処理するために施行された「債権管理回収業に関する特別措置法(通称:サービサー法)」により誕生しました。

従来、弁護士のみに許されていた債権管理回収業務を、法務大臣の許可のもと民間事業者(サービサー)に許容されることになりました。

サービサーになるためには、下記のような点を満たさなくてはなりません。

・資本金が5億円以上の株式会社であること

・常務に従事する取締役の1名以上に弁護士が含まれていること

・暴力団員等がその事業活動を支配し、あるいは暴力団員等を業務に従事させるなどのおそれのある株式会社でないこと

・役員等に暴力団員等が含まれていないこと

暴力団の関与については法務大臣が警察庁長官に意見を聴取し、弁護士についても日本弁護士会の意見を聴取することになっています。

弁護士が取締役になることは、サービサー内部から、業務が適正に行われているかどうかを監督するという目的とされています。

こうした制度整備のもと日本に誕生したサービサーは、当局の指導、監督のもと、債権回収業務の専門家として、適正な方法で債権者に代わり債権回収を行っています。

サービサーのビジネスは、債権情報の管理、返済計画の再検討、競売など高度な専門知識を必要とする煩雑な業務を適切で合法的に処理することで収益をあげます。

金融機関等の原債権者は、専門家であるサービサーに上記業務を委託、アウトソーシングすることでコストを削減できるようになりました。

サービサーには銀行、ノンバンク、不動産会社、投資ファンド等を母体として設立した企業があり、それぞれの強みを活かしたビジネスモデルを有しており、その特徴は各社さまざまです。

さらに、法改正により、サービサーが取り扱える債権の範囲は拡大し、現在では正常債権の管理・回収をはじめ、証券化債権や資産流動化債権の管理・回収、そして事業再生までさまざまな業務を行っています。

中小企業にとって、取立屋としての印象が強いサービサーですが、過剰債務に陥った企業の再生において、重要な役割を担うのもサービサーです。


この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 投票, 平均値/最大値: 5.00 / 5)
Loading ... Loading ...

公認会計士 舟生 俊博

略歴: フューチャースケープアカウンティングファーム 代表 公認会計士・税理士 平成5年公認会計士2次試験合格。平成9年公認会計士登録。 東京理科大学・工学部卒業後、監査法人勤務後、平成12年1月横浜にて独立開業。ベンチャー支援、創業支援を行うなかで数百社の事業計画作成にかかわる。投資家とベンチャー企業とのマッチング等を行うイベントを主催するとともに横浜市の各種委員としてベンチャー支援を行う。また東証1部上場企業の監査役就任など、企業経営に参画する形での企業の成長支援を行う。平成20年、事務所を東京都港区に移転しフューチャースケープアカウンティングファーム設立に参画、共同代表に就任。 ◆会計力で未来を描く FSAF Futurescape Accounting Firm 会計・税務・財務アドバイザリーサービス 税理士法人フューチャースケープ 公認会計士事務所フューチャースケープ 株式会社フューチャースケープパートナーズ 〒108-0074 東京都港区高輪4-9-18 TEL03-5423-0668 FAX03-5475-3546 http://www.futurescape.co.jp