債権者数で決まる会社の倒産・再生への道

資金繰りが厳しくなってくると、取引先への支払つまり一般買掛債務(買掛金や未払金)を棚上げして、金融機関への支払を頑張って!ガンバって!!優先してしまうことがよくあります。

これは本末転倒で、商売に必要な仕入れができなくなれば、新たな売上をあげることもできずに、ますます金融機関への支払どころではなくなってしまいます。

会社を建て直すべき経営努力をしなくてはいけない時に、金融機関との関係維持だけに経営者の気持ちが集中する事例ですが、実はこういう会社がたくさんあります。

また、金融機関への返済のために複数の金融機関から新な借入を行い、返済原資に充てていく。これも資金繰りが厳しい企業経営者が陥ってしまう事例で、非常に多くの会社がこのような行動をとってしまいます。

この2つのことを繰り返すと、1行の銀行に返済するために、複数の取引業者にお願いをし、複数の金融機関から新たな借入をし、債権者の数が一気に増えてしまいます。

こうなってしまうと、返済猶予や取引条件の変更をお願いする(交渉する)先が一気に増えてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。また、取り立て電話の本数も、圧倒的に多くなってしまいます。

考えてみてください、3行の銀行と話し合いをするのと、20社の取引先や金融機関と話し会いをするのの違いを!

過剰債務の企業、資金繰りが厳しい企業が復活するための道筋をたてるためには、「債務(借金)の額」よりも「債権者の数」が重要な要因となってくるのです!

これは本末転倒で、商売に必要な仕入れができなくなれば、新たな売上をあげることもできずに、ますます金融機関への支払どころではなくなってしまいます。
会社を建て直すべき経営努力をしなくてはいけない時に、金融機関との関係維持だけに経営者の気持ちが集中しう事例ですが、実はこういう会社がたくさんあります。
また、金融機関への返済のために複数の金融機関から新な借入を行い、返済原資に充てていく。これも資金繰りが厳しい企業経営者が陥ってしまう事例で、非常に多くの会社がこのような行動をとってしまいます。
この2つのことを繰り返すと、1行の銀行に返済するために、複数の取引業者にお願いをし、複数の金融機関から新たな借入をし、債権者の数が一気に増えてしまいます。
こうなってしまうと、返済猶予や取引条件の変更をお願いする(交渉する)先が一気に増えてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。また、取り立て電話の本数も、圧倒的に多くなってしまいます。
考えてみてください、3行の銀行と話し合いをするのと、20社の取引先や金融機関と話し会いをするのの違いを!
過剰債務の企業、資金繰りが厳しい企業が復活するための道筋をたてるためには、「債務(借金)の額」よりも「債権者の数」が重要な要因となってくるのです!繰りが厳しくなってくると、取引先への支払つまり一般買掛債務(買掛金や未払金)を棚上げして、金融機関への支払を頑張って!ガンバって!!優先してしまうことがよくあります。
これは本末転倒で、商売に必要な仕入れができなくなれば、新たな売上をあげることもできずに、ますます金融機関への支払どころではなくなってしまいます。
会社を建て直すべき経営努力をしなくてはいけない時に、金融機関との関係維持だけに経営者の気持ちが集中しう事例ですが、実はこういう会社がたくさんあります。
また、金融機関への返済のために複数の金融機関から新な借入を行い、返済原資に充てていく。これも資金繰りが厳しい企業経営者が陥ってしまう事例で、非常に多くの会社がこのような行動をとってしまいます。
この2つのことを繰り返すと、1行の銀行に返済するために、複数の取引業者にお願いをし、複数の金融機関から新たな借入をし、債権者の数が一気に増えてしまいます。
こうなってしまうと、返済猶予や取引条件の変更をお願いする(交渉する)先が一気に増えてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。また、取り立て電話の本数も、圧倒的に多くなってしまいます。
考えてみてください、3行の銀行と話し合いをするのと、20社の取引先や金融機関と話し会いをするのの違いを!
過剰債務の企業、資金繰りが厳しい企業が復活するための道筋をたてるためには、「債務(借金)の額」よりも「債権者の数」が重要な要因となってくるのです!繰りが厳しくなってくると、取引先への支払つまり一般買掛債務(買掛金や未払金)を棚上げして、金融機関への支払を頑張って!ガンバって!!優先してしまうことがよくあります。
これは本末転倒で、商売に必要な仕入れができなくなれば、新たな売上をあげることもできずに、ますます金融機関への支払どころではなくなってしまいます。
会社を建て直すべき経営努力をしなくてはいけない時に、金融機関との関係維持だけに経営者の気持ちが集中しう事例ですが、実はこういう会社がたくさんあります。
また、金融機関への返済のために複数の金融機関から新な借入を行い、返済原資に充てていく。これも資金繰りが厳しい企業経営者が陥ってしまう事例で、非常に多くの会社がこのような行動をとってしまいます。
この2つのことを繰り返すと、1行の銀行に返済するために、複数の取引業者にお願いをし、複数の金融機関から新たな借入をし、債権者の数が一気に増えてしまいます。
こうなってしまうと、返済猶予や取引条件の変更をお願いする(交渉する)先が一気に増えてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。また、取り立て電話の本数も、圧倒的に多くなってしまいます。
考えてみてください、3行の銀行と話し合いをするのと、20社の取引先や金融機関と話し会いをするのの違いを!
過剰債務の企業、資金繰りが厳しい企業が復活するための道筋をたてるためには、「債務(借金)の額」よりも「債権者の数」が重要な要因となってくるのです!繰りが厳しくなってくると、取引先への支払つまり一般買掛債務(買掛金や未払金)を棚上げして、金融機関への支払を頑張って!ガンバって!!優先してしまうことがよくあります。
これは本末転倒で、商売に必要な仕入れができなくなれば、新たな売上をあげることもできずに、ますます金融機関への支払どころではなくなってしまいます。
会社を建て直すべき経営努力をしなくてはいけない時に、金融機関との関係維持だけに経営者の気持ちが集中しう事例ですが、実はこういう会社がたくさんあります。
また、金融機関への返済のために複数の金融機関から新な借入を行い、返済原資に充てていく。これも資金繰りが厳しい企業経営者が陥ってしまう事例で、非常に多くの会社がこのような行動をとってしまいます。
この2つのことを繰り返すと、1行の銀行に返済するために、複数の取引業者にお願いをし、複数の金融機関から新たな借入をし、債権者の数が一気に増えてしまいます。
こうなってしまうと、返済猶予や取引条件の変更をお願いする(交渉する)先が一気に増えてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。また、取り立て電話の本数も、圧倒的に多くなってしまいます。
考えてみてください、3行の銀行と話し合いをするのと、20社の取引先や金融機関と話し会いをするのの違いを!
過剰債務の企業、資金繰りが厳しい企業が復活するための道筋をたてるためには、「債務(借金)の額」よりも「債権者の数」が重要な要因となってくるのです資金繰りが厳しくなってくると、取引先への支払つまり一般買掛債務(買掛金や未払金)を棚上げして、金融機関への支払を頑張って!ガンバって!!優先してしまうことがよくあります。
これは本末転倒で、商売に必要な仕入れができなくなれば、新たな売上をあげることもできずに、ますます金融機関への支払どころではなくなってしまいます。
会社を建て直すべき経営努力をしなくてはいけない時に、金融機関との関係維持だけに経営者の気持ちが集中しう事例ですが、実はこういう会社がたくさんあります。
また、金融機関への返済のために複数の金融機関から新な借入を行い、返済原資に充てていく。これも資金繰りが厳しい企業経営者が陥ってしまう事例で、非常に多くの会社がこのような行動をとってしまいます。
この2つのことを繰り返すと、1行の銀行に返済するために、複数の取引業者にお願いをし、複数の金融機関から新たな借入をし、債権者の数が一気に増えてしまいます。
こうなってしまうと、返済猶予や取引条件の変更をお願いする(交渉する)先が一気に増えてしまい、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。また、取り立て電話の本数も、圧倒的に多くなってしまいます。
考えてみてください、3行の銀行と話し合いをするのと、20社の取引先や金融機関と話し会いをするのの違いを!
過剰債務の企業、資金繰りが厳しい企業が復活するための道筋をたてるためには、「債務(借金)の額」よりも「債権者の数」が重要な要因となってくるのです!

この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (3 投票, 平均値/最大値: 4.33 / 5)
Loading ... Loading ...

公認会計士 舟生 俊博

略歴: フューチャースケープアカウンティングファーム 代表 公認会計士・税理士 平成5年公認会計士2次試験合格。平成9年公認会計士登録。 東京理科大学・工学部卒業後、監査法人勤務後、平成12年1月横浜にて独立開業。ベンチャー支援、創業支援を行うなかで数百社の事業計画作成にかかわる。投資家とベンチャー企業とのマッチング等を行うイベントを主催するとともに横浜市の各種委員としてベンチャー支援を行う。また東証1部上場企業の監査役就任など、企業経営に参画する形での企業の成長支援を行う。平成20年、事務所を東京都港区に移転しフューチャースケープアカウンティングファーム設立に参画、共同代表に就任。 ◆会計力で未来を描く FSAF Futurescape Accounting Firm 会計・税務・財務アドバイザリーサービス 税理士法人フューチャースケープ 公認会計士事務所フューチャースケープ 株式会社フューチャースケープパートナーズ 〒108-0074 東京都港区高輪4-9-18 TEL03-5423-0668 FAX03-5475-3546 http://www.futurescape.co.jp