利益が出ているのに、儲けが無い??

商売を行っていく上では、よく利益が重要と言われます。一般的に儲かったという言葉と利益がでたという言葉は同じように使われていますが、この2つは本当に同じ意味で使われているのでしょうか?一般的な商売の感覚では、「お金が増えること」=儲かった、利益が出たという感じがします。確かに「儲かる」という言葉は、お金が増えたという意味で使われているかもしれません。しかし、会計上の利益というのは、お金が増えることとはまったく関係がありません。ただ単に、売上から経費を引いた差額を利益と呼んでいるだけです。経理もしくは税理士が作ってくる決算書の利益額をみても社長の儲かってる感覚と違うことが良く起こります。また、決算書の利益が出ているのに手元の現金がまったくないことも当たり前のように起こります。それは、そもそも、経営者の感覚の儲けと会計上の利益が違うものを計算し表現しているからなのです。


この記事は参考になりましたか?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 投票, 平均値/最大値: 4.50 / 5)
Loading ... Loading ...

公認会計士 舟生 俊博

略歴: フューチャースケープアカウンティングファーム 代表 公認会計士・税理士 平成5年公認会計士2次試験合格。平成9年公認会計士登録。 東京理科大学・工学部卒業後、監査法人勤務後、平成12年1月横浜にて独立開業。ベンチャー支援、創業支援を行うなかで数百社の事業計画作成にかかわる。投資家とベンチャー企業とのマッチング等を行うイベントを主催するとともに横浜市の各種委員としてベンチャー支援を行う。また東証1部上場企業の監査役就任など、企業経営に参画する形での企業の成長支援を行う。平成20年、事務所を東京都港区に移転しフューチャースケープアカウンティングファーム設立に参画、共同代表に就任。 ◆会計力で未来を描く FSAF Futurescape Accounting Firm 会計・税務・財務アドバイザリーサービス 税理士法人フューチャースケープ 公認会計士事務所フューチャースケープ 株式会社フューチャースケープパートナーズ 〒108-0074 東京都港区高輪4-9-18 TEL03-5423-0668 FAX03-5475-3546 http://www.futurescape.co.jp